不安な気持ちや、焦りの対処法

皆さま、こんにちは!

このコロナのご時世、いかがお過ごしでしょうか。

ニュージーランドでは、ロックダウンがあと1週間延長と発表されて、

来週28日から警戒レベル4から3に引き下げられるようです。

それで、お仕事できる業種がちょっと増えるようなのですが、

まだまだ国民の自制自粛体制は変わらず、

自宅にいる日々が続きそうです。

いったいいつまで?という疑問、

ゴールの見えないレースを走っているようで、

先行き考えたら不安から夜も眠れない思いをしている方も、

きっと多いと思います。

特に、自分でお店を経営して、

家賃を払っていかなければならない個人事業主さん、

会社を経営していて従業員のお給料を払っていかなければならない

経営者の方々、大変だと思います。

もしこれが、後1ヶ月とか、3ヶ月とか期間が決まっていれば

まだその間何とかして耐え忍ぶ方法も見つけられるかと思うのでが、

この状態がいつまで続くのかわからない、

というのが本当に大変だと思います。

実は私も、めっちゃ共感できます。

というのは、以前、夫が夜逃げしてしまって、

手元にはポケットに偶然入っていた30ドルしかない、

という状況になったことがありまして、、、。笑

もう、10年以上前のことですけど、

本当に突然いなくなっちゃったんですよ。

子供達も連れて、口座預金も全部持って、

自分の母親のところに行っちゃったんです。

本人は、私も当然一緒に来るだろうと思っていたと言っていましたが、

今思うと、かなり心を病んでいたんですね、

説明もロクにせず、とにかく逃げようって。笑 

私は、子供達の学校のこともあったので、

とにかく同じ学校区にいておかないと、

子供達が学校に戻れなくなると思ったので、

私はここにいるから、と言ったのですが、

まさか本当に逃げて行っちゃうとは思いませんでした。

初めは呆気にとられていたのですが、

だんだん自分が置かれている状況に気が付き始めて、

本当にこの先どうしよう?と途方にくれました。

まだそれが、期間限定だったら

気楽に一人の時間を楽しもうとかも思えたのでしょうけど、

いつ家族が帰ってきてくれるかわからないけど、

ただ待つ、

というのは本当にしんどかったです。

結局、子供達は夏休みが終わる頃にはオークランドに戻り、

一年後には夫も戻ってきましたが、

まだ病の状態が良くなくて、別々の家で生活することになりました。

この時お世話になった方々を思い出すと、

今でも本当に感謝の気持ちでいっぱいになります。

夫の心の病はしばらく続いて、

自分も鬱状態になって、

まるで出口のない暗いトンネルの中をずっと走り続けているような感じでした。

いつになったら、この状態が終わるんだろう。

もう逃げ出したい。生きていたくない、、、。

毎朝、眼が覚めると、あーまた1日が始まるのか、、、

と最悪の気持ちで目覚めていました。

とにかく、コーヒーを淹れて飲もう、そのために起きてました。

心ある友人に半ば無理やり病院に連れて行かれ、

うつの診断を受けた時はなんだかホッとして、涙がたくさん出てきました。

処方箋も出され、薬を飲み始めてやっと自分が病んでいたことに気づきました。

心がしんどい時は無理をせずに、

まず家族や友人に話してみるべきです。

(誰もいなかったら、私でもいいです!)

そして、専門家にかかるのは回復への近道です。

今の自分だったら、、、とその時の自分に思うことは、

あそこまでひどい状態になる前に、

自分の心と体のケアをしたらよかったと思います。

起きてしまった現実に振り回されて、

他人を責めたり、自分を悲劇のヒロインに仕立てて毎日嘆く代わりに、

自分の心の声を聞く。

こういう状況だけど、

じゃあ自分はどうしたいんだろう?

どうなったらベストなんだろう?って、聞いてあげるのです。

そうすると、私たちの素晴らしい脳は、

その答えを探し始めてくれます!

でも状況が、酷すぎて何がベストかなんて考えられない!

て時もあるかと思います。

そういう時は、

何でもいいから一つでも二つでも、

感謝できることを探していくことをお勧めします。

蛇口をひねったら、飲める水がすぐに出てくること。

温かいシャワーやお風呂に入れること。

スイッチ一つで、夜でも部屋が明るいことなどなど、

当たり前にあるけどなかったらめちゃくちゃ困るものって、

私たちの周りにはたくさんありますよね。

そうやって、身の回りにある小さな感謝できることを数えていくことは、

実は感謝力を身につけるいわばトレーニングのようなものです。

感謝しながら誰かを呪ったり、

落ち込んだりできないように、

同じ物事でも自分の物事や状況を見る視点がガラッと変わります。

同じ時を過ごすなら、

感謝して心豊かに生きたいですよね。

感謝力をつけると次に何が起きてくるかというと、

起きてくる現実が変わってきます。

感謝する人には、

やはり感謝する人たちが集まってくるし、

感謝できるような事柄がわんさかやってくるのです。

感謝は、心の栄養であり、

エネルギーです。

心の健康を保つために、

日頃から感謝する力、

そう、感謝力を身につけて、一緒に頑張っていきましょう!

ウチの次女と交通事故で3本足になっちゃったけど、老衰で亡くなるまで本当に元気に走り回って、見る人たちを勇気付けてくれた私たちの家族の一員、ナンディ。出会えてよかったよ、ありがとう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です