元気の秘密 その2

先日、ツイッターで呟いた、”呼吸法”に続いて、習慣にして行きたいと思っているのは、美容矯正。顔だけではなく、体の歪みから矯正して整えていくというものです。

ニュージーランドのオークランド市内で、美容クリニックをされているけさえさん。

彼女のプロモーションビデオのモデルをさせていただいたことがきっかけで、彼女の美容矯正を知りました。

ふたつき前くらいから通っていますが、自分の体の調子がみるみる良くなっていることにびっくり。

まず、受けたのが ”エンドリング フェイシャル” そして、シンメトリー整顔。

エンドリングフェイシャルは、別名、小顔マッサージと言って、その名の通り、浮腫んで垂れた頰の肉がすっきりします。自分で、マッサージ前と後に両手で頰を包んで確認するのですが、ほんっとに、たるみがなくなるのでびっくり!首も、ひとまわり以上細くなります、確実に!

シンメトリー整顔は、顔や頭の骨格を矯正していくので、脳神経の栄養素である、脳脊髄液を潤滑にして、肌の調子を良くしていくものです。

その証拠写真が、コレ ↓↓↓

実は、数年前から空港の入国管理の際に取られる顔写真を見て、自分の顔の歪みに気がついて、とても気になっていました。

ほら、あのキオスクと言われる機械にパスポートを入れて、入力した後にパチリと写真をとられる、あれです。

自分では、まっすぐカメラを見て映っているつもりなのに、自然にしていると、どうしても右側が下がっていて、唇がへの字に曲がってしまうのです。

それが、最近、入国審査の写真が左右対称に写っていることに気がつきました。

それだけではなく、一緒に仕事をしているクルーから、”ボトックスしてる?”と聞かれるようになりました。笑

私は、その昔、まだボトックスがニュージーランドに入って来て間もない頃、興味本位で友人とボトックス注射をしたことがありました。

あれは、猛毒で神経を麻痺させて筋肉が動かなくさせるものなので、今考えるとゾッとするのですが、本当に笑おうと思っても目の周りの筋肉が全く動かないので、なんとも不自然な表情が怖いしおかしくて、友人とお互いの顔を見ながら、涙を流して笑い転げていたことを思い出します。(それでも、顔の表情はフリーズしてたんですよっ 笑)

けさえさんのフェイシャルは、もちろん自然な表情のまま、しかもボトックスを打ったような、ピーン!とした肌のハリが戻るところが特徴です。

帰国して、出国の際に検疫のオフィサーから、”You looks so tired…” と言われることもなくなりました。笑

けさえさんのフェイシャルの技術も、本当に素晴らしいのですが、先週、私が長距離フライトから帰って来た後に施術していただいた、ボディーマッサージがこれまた素晴らしかった!

飛行機を降りてくる頃から、お腹周りがだぶだぶしている感じがものすごく気になってました。”渡航先で、ちょっと食べ過ぎちゃったかな〜、あーあ、また太った感じ。。。”と、一挙にテンションも低くなっていたのですが、けさえさんのNMTオイルマッサージ(筋膜矯正)を初めて受けて、驚きました。

たったの一回の施術で、なんとお腹の周りのだぶつき感がなくなりすっきりしちゃったんです!(これは、写真を撮っていないのでお見せできませんが(笑)、実際、顔の方より驚いたかも!)

しかも、その後すぐジムに行って、いつもならあんまり無理をしないように、ペースを落としながらやっているところを、体調がいいので本気出してやってみようという気になり、一緒に通っている友人も、”今日は本気出してるみたいね〜”と言われるほど元気で、本当に嬉しかったです。

こんな、いいことずくめの美容矯正、機会があったらぜひ試して見てください、オススメします!

KESAEさんのオフィシャルブログのリンクはこちら!↓↓↓

https://ameblo.jp/kogao4season/entry-12354429236.html

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です