NASAのアストロノーツ(宇宙飛行士たち)が教えてくれた、アイスレーション(自主隔離)中にするべき2つの大切な事

こんにちは!みなさまいかがお過ごしでしょうか。

今日のトピックは、
自主隔離で自宅勤務になったり、
家で過ごす時間が増えているこの期間を
いかに過ごしていくべきかという事です。


何週間も仕事にもいかず、
遊びにも出かけないで
ただ家にいる時間がたくさんあるなんて、
人生初!だという方も多いのではないでしょうか。

世界的にも歴史的にも
超珍しいこの期間を
いかに健康にそして、
いかに使っていくかで、
この後の人生が大きく変わってきそうですよね。

それにしても、
いまだに経験したことのない、
この期間の時間の過ごし方、、、
半ば、時間の使い方の強制リセット。
あなたは、どのように過ごしたいですか?
または、過ごしていますか?

先ず、やったことのないことを始めるのには、
経験者から学ぶのが、一番!。

それでは、
狭い空間にしかも何人かの他人と、
何ヶ月も閉じ込められた環境で仕事をやってる
宇宙飛行士から学んでみましょう。



去年の北半球の夏に、
NASAのあるアメリカはヒューストンに
娘と一緒に見学に行ったときから、
ロケットや宇宙飛行士に憧れ、(めっちゃ単純、笑)
インスタグラムの投稿をフォローしているのですが、
彼らのユーモア溢れる投稿や、
ストリーズは笑いのツボが満載で面白くてとてもためになるし、
本当に大好きです。

素敵な星空や惑星の写真、
ロケットの中の様子、
彼らの生活など、
結構詳しくアップしてくれているし、
インスタライブもやってくれるので、
遠かったNASAの存在が、
ぐっと身近に感じられるようになりました。

一昨日も、”Earth Day" (地球の日)にちなんで、
二人の素敵な女性宇宙飛行士さんたちが、
ライブ配信しているのを聞いていたのですが、
まぁ彼女たちのキラキラ生き生きしていること!

二人のうちの一人のキャシーさんは、
宇宙船の中での、
7ヶ月の狭い空間でのお仕事して帰ってきて、
まだ1週間も経たないとお話ししていて、
もう一人の方のサムさんは、
一年前に宇宙から帰ってきたので
その経験を元に
先週帰って来た同僚である彼女を
地球環境に身体を戻すサポートするために
今一緒にグラウンドチームとして働いているんだと言っていました。
お二人は、クラスメートでもあったんですって!
彼女たちが言うには、
NASAは様々な、
人種、
宗教、
専門知識
を持った人たちが集まる
いわばグローバルな社会、
世界が一つになったような場所だ
と言っていたのも興味深いです。

さて、彼女たちの今回のライブ配信のなかで、
狭くて、外に出られない宇宙船の環境で暮らす時に、
宇宙飛行士たちが、
体とメンタルを健康に保つために、
これだけは絶対しなくちゃいけない
と言っているものが二つありました。

それは、

コミュニケーションと運動です。

コミュニケーションは
一緒に暮らすチームや、
外部とのつながりを保つために
絶対必要なスキルだと言っていました。
そりゃそうですよね。
宇宙空間で地球との交信をたったり、
チームとのコミュニケーションを怠って、
自己判断で動き始めたら
命の危険に自分とチームを晒すことになるのは
容易に想像がつきますよね。

私たちはどうでしょう。
地球上に住んでいて、
今までは、
そんなに他人とのコミュニケーションや関わりがなくても生きていける、
そんな環境、風潮にいたのではないでしょうか。

核家族化なんて言葉は死語になるくらい
当たり前の生活様式に都市部ではなってるし。
一人で暮らしていても、
ちょっと外へ出れば、コンビニが夜中でもあるし、
スマホ一つで家にいながらなんでも買い物できちゃう。
もし仕事がリモートワークで人と関わらない仕事なら、
全く他人とコミュニケーションをない日もあったり?
まあ、今のご時世、ネット環境にいれば、
地球の反対側にいる人とだって、
顔を見ながら話せるから、
いつでもどこでも繋がれるんですけど。

でも、私は彼らの話を聞いていて、
コミュニケーションは、
取れたら取ったほうがいいものではなく、
取らないと存在がヤバくなるもの、
と言うメッセージを得ました。

地球人として、
地球というスペースシップに共に乗り合わせているものとして、
もっと繋がろう、
そして上手にコミュニケーションを取ることを学んで、
よりよく平和に共存していこうという
意識を持つことがとても大事なことのように感じました。


コロナショック後の新しい社会で、
すべての国が一つになるような、
地球規模の国際的な経済と政治を目指して意識的に繋がり、
支え合いながら生きていく、、、。
めっちゃ、ワクワクしますよね!
話が長くなっちゃったけど、
もう一つは、
やっぱり、運動なんだよね。

そう、
シンプルに、
毎日の運動が
体だけじゃなく
メンタル面も健やかに保つ上で欠かせないものだそうです。
うん、とても納得。

以上、まとめますと
NASAの宇宙飛行士たちが教えてくれた、
自己隔離中に絶対すべき2つのこととは、
①にコミュニケーション
②に運動
でした!

#NASA  #コミュニケーションは世界を変える #運動とメンタルヘルス #いつか宇宙へ #宇宙飛行 #国際政府 #地球が一つになる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です